ギターイメージ AITANI GUITARトップページに戻る 
定期発表演奏会

最新情報などクラシックギターの魅力四十谷ギター学院についてレッスン内容のご案内  
定期発表演奏会その他の演奏会等よくあるご質問受講生の横顔お問い合わせ  

ギターイメージ


2005年 第17回定期発表演奏会を終えて 四十谷隆司

舞台挨拶(四十谷隆司) 今回は例年と異なり、合奏のグループが2つ出演しました。
 2005年7月に富山、高岡で開講した「中高年ギター講座」は、幸い好評を得て、今回、有志による初舞台となりました。皆さんたいへん緊張されたようですが、練習の成果があり大成功。「一曲だけではもの足りなかった」!?…との声も聞かれ、出演していただいて本当に良かったと思いました。
  また、会員有志(個人レッスンを受けている方)による合奏も熱気をはらんで大成功。ふだんは独奏ばかりですので、リズムやテンポ、そして、独奏ではなかなか難しい強弱、表情づけなども、合奏なら比較的やりやすいこともあり、皆さん、良い刺激になったのではないでしょうか。

富山国際会議場3Fメインホール 独奏は初出場の方、回数を重ねてきた方、それぞれの力量に応じて曲を選んでいますので、ステージでの負担、緊張の度合いはどなたも同じだと思います。ステージで暗譜して弾く大変さは経験した人にしかわかりません。皆さん最後まで弾き切って実に立派でした。
(四十谷隆司)


2005年 第17回定期発狂演奏会の模様・打ち上げ風景

立看板 中高年ギター講座受講生の皆さん
「中高年ギター講座」受講生の皆さん
ギターアーツ会員による合奏
ギターアーツ会員による合奏

出演者全員での記念撮影
出演者全員での記念撮影
演奏風景
演奏風景
演奏風景

楽屋風景
出番待ちの楽屋です
  張りつめた雰囲気!!
乾杯
恒例の打上げはまずビールで乾杯!
四十名以上の出演者が参加。
「緊張しましたね…」の一言で初対面でも和気あいあい、楽しく盛り上がりました。
一本締め
締めくくりはいつもの『一本締め』


2005年定期発表演奏会プログラムプログラム画像
第一部
   演奏者   曲 目   作曲者
1.  「中高年ギター講座」
 有志による合奏
峠の我が家 (アメリカ民謡)
2.  ギター・アーツ会員
 有志による合奏
二つのメヌエット
エスパニア・カーニ
(モーツアルト)
(スペイン古曲)
3.  加藤 集 キラキラ星 (フランス曲)
4.

 山本恭司

ラ・クカラチャ (メキシコ民謡)
5.  斉藤大生志 マイ・レディ (エリス)
6.  小林幸司 アレグレット ハ長調 (カルカッシ)
7.  三室治三郎 グリーン.スリーブス (イギリス民謡)
8.  川村 昭 ワルツ 第八番 (カルカッシ)
9.  中川順子 エーデルワイス (ロジャース)
10.  大門秀司 アンダンティーノ ハ長調 (ソル)
11.  長谷川敬雅 ワルツ ト長調

(ソル)

12.  尾山千恵子 ハンガリーの歌 (プラッテン)
13.  丸田祐一 エルビート (スペイン民謡)
14.  鍛治俊之 パストラーレ (カルカッシ)
15.  角田龍則 ロマンス (メルツ)
16.  伊藤智鈴 禁じられた遊び (スペイン民謡)
17.  谷口進亮 ノクターン (ヘンツェ)
18.  北川洋子 ワルツ ホ長調 (ソル)
19.  見角保弘 ラグリマ (タルレガ)
20.  高田葉子 メヌエット イ長調 (パガニーニ)
21.  田原洋介 マリエータ (タルレガ)
22.  牧野 崇 ブーレ(BWV1002より) (バッハ)
第二部
23.

 折田真一

マリア・ルイサ (サグレラス)
24.  馬田淳史 ラルゲット イ短調 (ソル)
25.  川西和夫 雨だれ (リンゼイ)
26.  吉澤小一郎 禁じられた遊び (スペイン民謡)
27.  山邊早苗 ワルツ イ短調 (フェレール)
28.  栗原 彰 小さなロマンス (ワルカー)

29.

 高畠栄伸 ワルツ ホ長調 (ソル)
30.  平坂正信 アルハンブラの想い出 (タルレガ)
31.  林 佳代 エチュード ニ短調 (コスト)
32.  法澤 武 アンダンティーノ ホ長調 (ソル)
33.  青見信平 メヌエット イ長調 (ソル)
34.  沢村麻生 ラリアーネ祭 (モツァーニ)
35.  栗林奈々子 アラビア風綺想曲 (タルレガ)
36.  浅井 繁 ロジー伯の墓 (ヴァイス)
37.  堀田 香 前奏曲第五番 (ヴィラ=ロボス)
38.  齋藤慶太 華麗なロンド イ短調 (アグアド)
第三部
39.  林 義隆 鐘の響き (ペルナンブーコ)
40.  長屋 学 ムーア風舞曲 (タルレガ)
41.  安藤 希 ファンダンギーリョ (トゥーリナ)
42.  浅井愛美 グラン・ソロ (ソル)
43.  土肥雅晴 ソナタ イ長調(L.483/K.322) (スカルラッティ)
44.  宮田幸恵 入江のざわめき (アルベニス)
45.  清水雅和 ドゥブル(BWV1002より) (バッハ)
46.  近岡えみ パッサカリア (ヴァイス)
47.  横尾照明 大聖堂 (バリオス)
48.  今堀智陽 スペイン・セレナータ (マラッツ)
49.  浅井佑季子 ショーロス第一番 (ヴィラ=ロボス)
50.  櫻井 豊 南のソナチネ (ポンセ)
51.  四十谷隆司 献呈の言葉(Op.1)
スペイン舞曲第十番
(グラナドス)
(グラナドス)


新聞記事2005年12月19日(月)
北日本新聞朝刊より

ギター愛好家60人 思い込め弦鳴らす
富山で演奏会


 四十谷ギター学院(富山市五福九区)の「第十七回ギター・アーツコンサート」が十八日、富山市大手町の富山国際会議場で開かれ、幅広い年代の生徒がクラシックギターの豊かな音色を響かせた=写真。北日本新聞社後援。
 児童から七十代まで六十人が出演。中高年向け講座の生徒による発表で幕開けし、十人がアメリカ民謡「峠の我が家」を演奏。続いて、学院生有志でつくる特設合奏団の二十人がモーツァルトの曲などを披露した。
 個人の発表は初心者からベテランまで、それぞれが真剣な表情で成果を披露。「アルハンブラの想い出」など、クラシックの名曲の数々を哀愁を帯びた音色でじっくり聴かせた。最後は四十谷隆司代表の情感豊かな演奏で締めくくった。

▲このページの上へ

■定期発表演奏会インデックスへ戻る




■最新情報など ■クラシックギターの魅力 ■四十谷ギター学院について ■レッスン内容のご案内
■定期発表演奏会 ■その他の演奏会等 ■よくあるご質問 ■受講生の横顔 ■お問い合わせ ■HOME